但馬→大阪(伊丹)が欠航! 「機材整備」の場合&代替バス

先の記事で、大阪(伊丹)から但馬へ、快適な、
最新プロペラ機の旅を書いたのとは逆に、
帰りの但馬から大阪(伊丹)への便(JC2324)が、
なんと【欠航】となりました。ガーン。

大阪から到着した際の「コウノトリ号」です。
このコウノトリ号に乗るはずだったんですよ・・・(´;ω;`)ウゥゥ

保安検査場を最後に通過しようとしたら止められ、
搭乗ゲートにいた乗客も、全員外に出されてしまい、
突然【欠航】が告げられ、その場は一時騒然。

結局、大阪までその日のうちになんとか戻りました。
その際の経緯などをまとめます。

>> JALの航空券予約でお得な早割運賃!4つの先得プラン

【目次】

1. 欠航の理由は「バードストライク」
2. 航空券の払い戻し手続き
3. 大阪までの代替バスは無料
4. JR豊岡駅までのタクシーも無料、ただし・・・
5. 【重要】欠航理由が「天候」「整備」で取り扱いが違う

1. 欠航の理由は「バードストライク」

【欠航】した理由は「バードストライク」でした。

プロペラ機のプロペラに、鳥が当たった形跡があって、
整備点検が必要と。

もし、羽田や伊丹、福岡などの大きな空港であれば、
整備士が常駐しているので、その場で整備点検すれば、
問題なければそのまま運航されることもあるものの、
但馬空港のような小さな空港には整備士がいないため、
伊丹空港から来なければいけない、陸路で3時間かかる、
伊丹空港の”門限”21時に間に合わない・・・ということ。

実は、2月にも【欠航】に遭いました。
この時は、雪による視界不良。つまり、天候が理由。

(参考)JAL 伊丹=但馬、雪で引き返し→欠航した時の対応まとめ 【実体験】

2. 航空券の払い戻し手続き

【欠航】が決まった瞬間から、航空券の払い戻し手続きです。

カウンターには列、といっても、この日の利用客が、
それほど多くなく、20分ほどで終わっていました。

欠航なので、運賃分は諸税も含め「全額払い戻し」です。

3. 大阪までの代替バスは無料

但馬空港は、他の路線の便もないので、欠航したら、
さて、どうする・・・なのですが、欠航が決まった瞬間、
大阪行きの「代替バス」が運行されます。

バスはすぐ来た。早っ!
さすが但馬空港、サポートが手厚いです。

このバス、【欠航】の理由が、雪などの「自然」だと、
大人3,000円(子供は半額)、今回のような、
「整備点検」だと、無料になります。

代替バスは、新大阪駅と伊丹空港へ行きます。
実際にこのバスに乗ったところ、予定より早く、
21時前に新大阪駅へ到着。

バスは電源あり、Wi-Fiも無料で利用でき、トイレもあって、
けっこう快適で、良いバスでした。

4. JR豊岡駅までのタクシーも無料、ただし・・・

大阪に戻るルートは別に、JRもあります。
JR豊岡駅から大阪駅まで、最終が豊岡発19時過ぎで、
タクシーで豊岡駅まで行けば、間に合います。

で、豊岡駅までのタクシーも、整備点検が理由だと、
無料。ただし、乗り合い。
しかも、タクシーが空港に常駐していないので、
来るのに、けっこう時間がかかっていました。

5. 【重要】欠航理由が「天候」「整備」で取り扱いが違う

どの路線もそうだけれど、飛行機が【欠航】した際、
その理由に気を付けなければいけません。

航空券の取り扱いが、異なります。

天候などの自然事由だと、運賃の払い戻しだけで、
整備などの自社理由だと、運賃の払い戻しのほか、
他社振替が可能だったり、今回のような、
代替バスやタクシーも無料だったりします。

(参考)JAL→ANAなど他社便の振替できる? 「台風・大雪・地震」「機材故障」それぞれの場合

【欠航】しないのが一番ではあるものの、遭遇してしまったら、
すぐに次の行動に移れるようにしましょう!

>> ご搭乗日21日前でも まだまだおトクな運賃で!

   



You may also like...