キャセイパシフィック航空 搭乗レポ(大阪-香港)

b0270738_17384677

10月入ってすぐ、大阪から香港へ出張で行きました。

大阪-香港、近年は Peach をはじめ、LCCが続々と就航しています。
ANAはかろうじて就航していますが、JALの直行便はなし。
所要3~4時間で、大手はLCCに価格競争では通常は勝てません。

—–

それでも今回の航空会社は、昨年に続いてキャセイパシフィック航空 (CX)。
理由は、持参するカメラ機材が多いから。
手荷物ルールに厳しいLCC、実は仕事ではけっこう利用しづらいです。

前回はプレミアムエコノミーで、今回はエコノミークラス。

one world サファイア会員なので、航空券は JAL のウェブサイトで購入。
実は、CXで購入したほうが、まったく同じ便でも往復5,000円ほど安いのに、です。
なぜJALで?・・・答えは、JALさんの「FLYON」のボーナスポイントが貯まるから
片道につき1.5倍、そして400ポイントは、ステータス持ちにはけっこう大きい。
マイルと違い、飛行機に乗らないと貯まらないポイントです。
JALのコードシェア便だと、このシステムが適用されます。

関西発着のCX、1日なんと6便もあります。
しかも、大型機がメイン。朝3便、夜3便ずつ。便利すぎます。

自分が搭乗した便は朝出発で、大型のボーイング777-300ER。
ビジネスクラスとエコノミークラス、2クラス制でした。
朝、関西空港の北ウィングの裏に3機並ぶCXは、いつも壮観です。

b0270738_17384611

実のところ、CXの搭乗率、ちょっと気になっていました。
上の写真、自分が乗った便ですが、なんと前後左右に誰もいない!
777でこんなに空いているなんて、人生初体験かも。これで路線維持が大丈夫だろうか、気になるところです。
ただこの日、中国の休日に当たる「国慶節」。
逆路線はおそらく来日客で満席だったかと思うので、大丈夫でしょう。最近あまり乗っていない国際線のエコノミークラスですが、のんびり過ごしました。
枕とブランケットも借りられたので、ついには肘掛けを上げて寝転がる始末。

個人用モニターもオンデマンドで、好きなプログラムを好きな時に見られます。
JALやANAには及ばないものの、香港までなら十分なラインナップ。

b0270738_17384618

CXの機内食は、エコノミーでも評判が高い。

この日のメインは、チキンかポークかという肉の2択。
CAさんのオススメでポークにしたら「酢豚」。美味しかった!
ただ、レーズンサンドとサラダはイマイチでした。
羽田便だと、ハーゲンダッツが出てくるとか。ちょっと羨ましい。
(CX 長距離路線エコノミーで提供されます)

b0270738_17384690

CX、この777-300ER だけかもしれませんが、シートごとに電源がありました。
しかも、USBでなく、日本のコンセントがそのまま使えるユニバーサル仕様。素晴らしいです。ちなみに、おつまみで配られるCXのピーナッツ、大好きです。
帰りのフライトでは、4つもいただいてしまいました。今回は直行便だからか、あっという間に着いた感覚です。もちろん、定刻運航。
CXはLCCでないフルサービスキャリア、エコノミーでもけっこう贅沢感あり。

b0270738_17384634

そういえば、関西空港には、CXの専用ラウンジがあります。
その感想などは、またいずれ。

cathaypacific.com – キャセイ航空 公式サイト‎
http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html
香港スタイル
http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/

++++++++++++++++++++

■ Instagram →

■ 雑誌『月刊エアライン』で「空美的ヒコーキ趣味道」連載中 →
■ All About 「飛行機の旅」ページを担当しています →

■ 取材・撮影などのお仕事、メディア取材・講演依頼、その他お問い合わせ先 →

++++++++++++++++++++

あわせて読みたい