【搭乗レポ】 エバー航空 エコノミークラス シートや機内食(大阪-台北) 【2020年版】

大阪と台北を結ぶ航空会社はたくさんあって。
いくつかの会社、これまで乗ってます。

■ チャイナエアライン
■ エバー航空 ←乗った
■ 日本航空 ←乗った
■ タイガーエア台湾
■ キャセイパシフィック航空 ←乗った
■ ジェットスター・アジア航空
■ Peach(ピーチ) ←乗った

以前は、台湾の復興航空(倒産)、Vエアー(倒産)、
ジェットスター・ジャパン(運休)もあったものの、
関空きっての「激戦路線」で絞られてきた感があります。

今回は、台湾の「エバー航空」です。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

使用機材は「A321」「787」「330」あたりが多いところで、
一番新しい「787」がダントツで快適、です!(断言)

台北(桃園)→大阪(関西)が、ボーイング787-9でした。

エコノミークラスのシート配列は「3-3-3」で、
ANAと同じ。けっこう詰め込まれます。
そう考えたら、JALの同型機で「2-4-2」は優しい・・・

日中便ながら、ブランケットや枕がシートに置いてあるのは、
好感度大。なければ(たぶん)貸してもらえます。

3時間かからないフライトでも「787」「330」だと、
個人モニターがあり、USBポートで充電も可。

「321」だとモニターもUSBポートもないので要注意。
(ハローキティジェットで経験済み)

機内食も1回、出ます。けっこうしっかりと。

選択肢はなし、この中華風のみ。
味は普通。中華だから食べやすい。

春雨やかまぼこ、ゆでたまごなど、なんだか、
台湾の駅弁みたいでした。

行きは「A321」だったので、モニターもなく、
充電もできないので、3時間のフライト、
機内でけっこう暇を持て余したのだけれど、
この「787」だと、映画も長距離線並みの、
ラインナップがあったので、もうあっという間!

同じエコノミークラスでも、乗る「機材」によって、
当たり外れが大きいです。これけっこう重要。

航空券を買う前に「機材」チェック、お忘れなく!

★他のエバー航空の搭乗レポ(↓)
【搭乗レポ】エバー航空 ハローキティ「なかよしジェット」機内食やアメニティ【2019年版】
【搭乗レポ】 エバー航空 「ハローキティジェット」が楽しすぎる – 空港から機内まで(福岡=台北)

★エバー航空のラウンジ(↓)
台北・桃園空港 エバー航空ラウンジ「The Star」 焼き芋☆絶品【利用レポ】

★エバー航空の長距離線フライト(↓)
【エバー航空】 エコノミークラス 長距離線の座席や機内食 【搭乗レポ】(台北-バンクーバー)

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



You may also like...